読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

健康情報センター

健康管理士が、健康になる為の健康情報を発信します

芸能人のがん報告に思う。。。

最近、小林麻央さんや北斗晶さんをはじめ
芸能人も、がんであることをおおやけにする方が多くなりました。
 
 
確かに、早期発見や健康診断の充実などもあり、がんの発見率が高まりましたけど、
おおやけにすることが、大きなイメージダウンに繋がらない、
むしろ、多くの人の励ましを自分の生きるエネルギーにして、
がんとしっかり向き合い、生き抜くんだ!

そして、気持ちの上で、多くのがん患者さんの力にもなれたら、
と前向きな気持ちで報告されてるんだと思います。
 
 
素直にそう受け止めればいいと思うんだけど、
中には、売名行為だ!って言う人も。
  
 
どれだけ、がんは、心身ともに、
そして、本人はもちろん家族、友人までも、消耗していくか。。。
 

妻が15年前に、子宮頸がんと言われたときには
今思えば、寝ずに、いろんな情報を集めていました。。。

本人は、「なったものは仕方がない・・・」などと
表面は、あっけらかんとしてましたが、本心は違ってたと思います。

まだ、2歳になったばかりの4番目のダウン症の男の子もいましたしね。

私の実家の母が、「もう一度子育て、せんといかんかも。。。」って
ボソッといった言葉が、いまも忘れられません。

本当に初期だったこともあり、
手術して順調に回復。
今では、元気で仕事していますが、
初期のがんであったとしても、これだけ、周りは悩むんですよね。。。

日本もがんが減っていって欲しいものですが、増える一方です。

一方、アメリカは、がんが減り続けています。
それもこの20年以上。

意外と知られていない事実なんです。
あえて、日本国内では取り上げられていません。
どうしてなんでしょうか???


がんが増え続ける日本と減り続けるアメリカ ①

 




食事相談・栄養相談は、ショップフコイダンまでご相談ください。

ショップフコイダンの管理栄養士が、食事の面をしっかりとサポートさせていただきます。